大工や建物に関することは知識がある人に相談をして解決

丈夫な神社造り高等レベルの職人技が光る

高い技術の宮大工

大工の中でも、特に高い技術を持っている宮大工という仕事があります。宮大工は通常の工事で使わないような技術も必要となるため、経験を積むことにより専門技術を磨くことがとても大切な職業です。

Read More

お手入れを簡単に

庭を設けると当然雑草も生えるので定期的なお手入れは必要になるでしょう。また、家庭用の草刈機もありますので手軽に活用できるようになっています。また、サービスも充実していますので負担もありません。

Read More

育成をしよう

神社仏閣の新築が減少している

宮大工の仕事は木造の神社仏閣の新築や修理を行うことです。神社仏閣の建設には欠かせない技術を伝承して今日に至っています。宮大工の技術には材料の選定から建築技術の技法まで様々なことがありますが、そのすべては建築の現場で棟梁から弟子に伝えられてきました。取り組む工事が多ければ伝承はスムーズに運びますが、最近は神社仏閣の新築の仕事が少なくなっています。宮大工の技術の伝承を支えるために全国でもいくつかの神社仏閣で定期的に建物の建て替えを行っています。伊勢神宮の式年遷宮は有名ですが、それ以外にも数はあまり多くはありませんが、遷宮を行っているところがあります。このことは今では宮大工の技術の伝承には重要な位置づけとなっています。

宮大工の後継者育成は今後の課題となっている

全国的に宮大工の数の減少が顕著になっています。神社仏閣にの新築の仕事が少なくなっているので宮大工の多くは社寺仏閣以外の木造建築を請け負っています。宮大工の技術は通常の大工の技術よりも上ですので、建築することには問題はありませんが、神社仏閣で使用する材料とは異なる流通経路から調達したり、技術的な妥協をどこでするかということがあり、コスト面での対応に難しいものがあります。本来は寺社仏閣の仕事を通じて後継者の育成を行わなければならないところですが、一般の木造住宅の建築を通してもある程度の技術の伝承をしていかなければなりません。日本の歴史的な木造建築の文化を守っていくことは今後とも宮大工の双肩にかかっております。

機能的にする

クリニックの設計を行う際には、一般的な施設とは違った視点で建物を見る必要があります。デザイン性以外にも機能性など様々な要素が必要になってくるため、優れたクリニックの設計について知っておきましょう。

Read More

外壁も手入れが必要

住宅というと内装に目がいってしまう場合も多いのですが、実は外壁もしっかりとメンテナンスする必要があります。メンテナンスの頻度なども知り、より住宅を長く利用できるようにしましょう。

Read More

屋根に注目しよう

防水工事を事前に行っておけば、雨漏りなどの被害を防ぐことが出来ます。特に屋根をしっかりと手入れしていれば雨漏りは効率よく防ぐことが出来るため、屋根の防水工事方法などを知っておきましょう。

Read More