大工や建物に関することは知識がある人に相談をして解決

丈夫な神社造り高等レベルの職人技が光る

高い技術の宮大工

大工になるには学校での知識に加えて現場での技術力を身につけること

大工という職業は、技術力が勝負の仕事です。 会社に所属しているのか、個人で仕事をしているのかによっても収入は変ってきますが、総じて高給取りな職場です。 専門学校などもありますが、学校で教えてくれることだけでは給料のアップは望めるはずはありません。 もちろん学校で、習い覚えてきたことも現場で役立つこともあるのですが、大事なのは現場で実際に先輩諸氏の教えになります。 何事も、経験の差というものが絶対的な自信と技術力を身につけることができるのです。 この技術力の差は、そのまま給料に反映されます。 特に宮大工は、普通の大工と違う知識と技術を必要とされますし、継承者も少ないということで優遇される傾向にあります。 未経験者でも、大卒の新入社員程度は見込めるのです。

どうしたら給料アップにつながるのか

宮大工は、通常の大工とは違い神社仏閣の新築や修繕に携わる仕事です。 何年も、家を離れて仕事をすることから渡り大工と呼ばれることもあります。 神社仏閣は、普通の住宅を建設するのとは全く違い、釘を使いません。 木組みという特殊技術を、習得した腕の良い宮大工は、高給取りになれます。 しかし、神社仏閣の仕事はいつでもあるとは限らず、また天候次第では仕事ができないので、月給にするとバラツキが出てくるのです。 また、経験がものを言うのはどこの業界も同じなのですが、宮大工も例外ではなく年を経れば腕も磨かれていきます。 宮大工として高給を稼いでいる人は、その額に見合った高度な技術も要求されるのです。 腕を磨き、そのことをわかりやすくアピールするのが給料アップの、早道になります。 それには宮大工としての資格とは別ですが、国家資格でもある建築大工技能士に合格すると良いアピールになるでしょう。