大工や建物に関することは知識がある人に相談をして解決

丈夫な神社造り高等レベルの職人技が光る

機能的にする

クリニックを設計する際気をつけることは

クリニックにとって1番大事なのは施術であることは間違いありません。 しかし、来院される方やそこで働くスタッフにとってクリニックの綺麗さや居心地も大事です。そこで重要になるのがクリニックの設計です。 ではクリニックを設計する際気をつけるポイントは何でしょう。 まず大事なのは動線です。 スタッフの方や患者さんが動き回るクリニック内。動線がきちんとしていないと日々の動作の中でストレスを感じたり、事故が起きる可能性まであります。 またクリニック内に設置する機器に応じた設計も必要です。これも動線と同じくきちんと設計していないと日々の動作の中でストレスを感じてしまう原因となります。 来院される方の目線での設計も必要となります。やはり清潔感があり、どことなく落ち着くクリニックが好ましいことは言うまでもありません。 設計を業者さんに依頼される場合、上記のことをしっかり念頭に入れて設計をする業者さんに頼むことが必要となります。いくらデザインがよくても働きにくい環境では意味がない上に、非効率となってしまいます。

業者さんに依頼する際の注意点

上記のことを踏まえ、設計する際に必要となるポイントは次のとおりです。 1.スタッフや患者さんの動線を第一に考える 2.医療機器の設置を適切にする 3.スタッフ全員で計画を立てる 4.来院される方に緊張感を与えるデザインにはしない デザインを全面に押し出すとストレス、非効率化の原因となります。 まずは動線、医療機器の設置を念頭に置くことが重要となります。 そこで重要になるのは医療施設の設計の経験が豊富な業者さんに依頼をすることです。経験が少ないと動線や医療機器の扱いに関して適切なアドバイスが受けられないばかりか、こちら側が逆に教えていくことになります。これでは何のために依頼したのかが分からなくなります。 また経験が少ない業者では工事金額の見積がしっかりとしておらず、追加工事が結局必要となり、支払金額が当初の見積金額と大幅に違うことにもなりかねません。 動線や医療機器に精通し、経験豊富な業者さんに依頼することが重要です。