大工や建物に関することは知識がある人に相談をして解決

丈夫な神社造り高等レベルの職人技が光る

外壁も手入れが必要

外壁は常に傷ついています

一戸建てはマンションと違い、外観についても自分でメンテナンスを行わなくてはなりません。 そのメンテナンスの一つに外壁塗装があります。 一般的に外壁塗装は10年に一回、屋根の修繕とともに行えばよいと言われています。 しかし、外壁は雨や風、日光からのダメージを毎日受けていると言っても良く、常にダメージを受けています。 小さなヒビがあった場合、一見たいしたことが無いように見えてもそのヒビは常に受けているダメージから拡大していき、下地の壁自体がダメージを負ってしまうと将来的に大きな破損に繋がる危険性もあります。 そうなってしまうと修繕費用が跳ね上がってしまうため、こまめに外壁塗装をすることで危険を回避することができます。

外壁塗装の耐用年数について

外壁塗装は使用する塗料によって耐用年数が変わり、長い年数を期待できるフッ素樹脂塗料では20年程度まで耐用できます。 しかし、雨風の強い地域や、防風が期待できる建物や森林などが周りにない孤立した住宅ではその年数は期待できず、短いスパンで塗り替えなくてはなりません。 耐用年数の数字だけを信頼し、細かなヒビ割れなどを放置しるのは最も危険なため、まずはお住まいの地域の特性を熟知した業者に見積もりを依頼し、適正な耐用年数を知ることが重要といえます。 リフォーム業者の比較サイトでは信頼のおける優良業者の登録が多く、対応した業者をさがすことに役立てます。 また、そういった優良業者の多くは施工後も数年の保証期間を設けているため、ひび割れなどのトラブルの際でも無償で塗り直しをしてくれます。